安心・便利にお金を借りるならプロミス

「プロミス」の基本情報について

プロミスを利用するための条件は、20歳〜69歳までの、安定した収入を得ている方です。
安定といっても、正社員、まして公務員などである必要はまったくなく、毎月きちんと給料が発生しているのならばパート・アルバイトの方でも利用することができます。
すなわち、なにか特別な準備が必要ということもなく、ほとんどの人が気軽に申し込むことができるといえます。

 

プロミスの特徴

・金利は4.5%〜17.8%
30日間無利息(※要メールアドレス登録・Web明細利用の登録、初めて利用される方限定)
・三井住友銀行ATMなら手数料無料!
・融資可能額は1万円〜500万円(審査により決定)
・担保・保証人は不要
・収入証明書は原則不要(50万円までの借り入れの場合)
・残高スライド元利定額返済方式で月々の返済額安定
・返済期日は、5日、15日、25日、月末の4つから選択可能
・相談・質問用のフリーダイヤルはもちろん、女性専用のフリーダイヤルも設置
・便利なweb完結選択で、借り入れまですべてwebで行える

金利は、他の大手消費者金融の上限金利の多くが18.0%なので利用者にかなり良心的だといえます。
プロミスならば、返済日をお給料日などに合わせて自分で決定できるので、返済日にお金がなくて返せない!などと困ることが少なく、確実に返済してくことができます。
そしてなんといっても目玉は30日間無利息!この期間は初めて融資を受けた翌日から起算し、30日以内に返済すれば利息がかからないというもの。しかも30日以内かつ限度額以内なら何度でも融資を受けることができます。
急にお金が必要になる前にあらかじめプロミスに登録しておいて、必要になったら融資を受け、利息がかからないうちに返済するという使い方も効率的だと思います。
また、女性のこともきちんと考えられ、女性専用のフリーダイヤルを利用することができ、対応は必ず女性スタッフが担当します。
しかも、優待サービス「おとくらぶ」を使えば、国内外20万か所の施設が割引価格で楽しむことができます。このサービスは、プロミス会員限定のサービスです。

 

家でもプロミスの申込はできる

わざわざ外に行かなくても、プロミスは家でも申込と契約ができます。それが、WEBでの申し込みです。これが圧倒的便利!
WEBでの申込は2種類用意されています。「カンタン入力」なら少ない最小限の項目の入力で申込が可能。その後、電話がかかってきて残りの項目に答えたり相談も可能です。そして審査に入ります。最短で30分で審査が完了します。書類もWEBで提出可能。平日14時までに手続きが完了すれば即日振込融資もできます。電話が苦手な人は「フル入力」でWEBで全ての手続きを完了しましょう。
振込の他、プロミスのATMや三井住友銀行などの提携ATMからのキャッシングももちろんできます。

 

店舗情報については、←のメニューからお選びください。
このサイトに載せているプロミスの店舗はごくごく一部です。プロミスは膨大な数の店舗数を誇ります。あなたの近くにきっとある!

 

お金を借りるなら、「君たちやっぱりプロミスだ!」でおなじみ、三井住友銀行グループでサービス内容も超充実のプロミスをぜひご検討ください!

お客様サービスプラザについて詳細!!

プロミスはWEBで契約するのがとても便利ですが、スマホやパソコンの操作に不安がある方もいらっしゃると思います。
そういった場合はプロミスが全国に展開しているお客様サービスプラザをご利用されるのがよいかと思います。
ここに来れば、専門のスタッフと対面形式で相談や手続きが行えます。
詳細を書きましたのでぜひ見てみてください。

 

お客様サービスプラザ
営業時間:10:00〜18:00(平日のみ)

 

金融経済教育への取り組み
未来に向けた金融経済教育の普及活動として、お金の役割や大切さを「カードゲーム」で体験的に楽しく学ぶことができる小学生向けのイベント開催や、大学授業の一環としてローン・クレジット等の金融知識に関する講座を行うなど、未来を担う子供・学生に対する金融経済教育の普及活動に取り組んでいます。
また、地域の方々のために、金融経済教育セミナーも開催しています。店舗内にイベントスペースがあればそこで開催し、講師の派遣などを通して暮らしに役立つお金の情報を提供しています。

 

マネーアドバイザーによるお客さま対応
「マネーアドバイザー」と呼ばれる、貸金業務の豊富な知識と豊かなコミュニケーション能力を兼ね備えたとプロミスに認定されたスタッフに、債務問題、家計見直しに関する相談ができます。
カードローンについて知りたいといった質問から、返済日の変更の希望、借入の追加まで、さまざまな相談・手続きを行うことができます。
■マネーアドバイザーとしての活動内容例
カードローンとクレジットの違い、契約の意味、利息の計算方法など、お客様の質問や相談にお答えします。
ヤミ金や架空請求などの悪徳業者によるトラブルにあわないよう注意喚起や情報提供を行います。
契約書の内容説明において、お客様に理解・納得いただけるようわかりやすい説明を行います。
お客様の収支バランスをチェックし、無理のない融資額の提案を行います。

 

WEBや機械だけでなく、専門の知識をもったスタッフと一対一で相談できることで、よりお互いを信頼(PROMISE)して融資を受けることができます。

 

マネーアドバイザーと呼ばれる、専門知識を持ったスタッフが
自動契約機やWEBでの契約では操作に不安があるという方のために、具体的には「キャッシングについて知りたい」や「返済日の変更」だったりお金に関する相談ができます。

会社名は「プロミス」ではない!

現在の会社名は?

消費者金融最大手の「プロミス」。あまりにもこの名前が有名なので、これが正式名称だと思っている人も少なくないでしょう。ちなみにプロミスは約50年ほどの歴史がある名前で、元々は大阪の小さな金融会社「関西プロミス株式会社」と呼ばれていました(さらに昔は関西金融株式会社)。プロミスの名前を使い始めたのは1960年代のことです。その後紆余曲折を経て1980年から正式にプロミス株式会社に名前を変更。これ以前から全国区の消費者金融ではあったものの、ここから一気に全国区に活動の幅を広げていきました。消費者金融といえば「プロミス」というイメージも徐々に広がっていきます。
さて、数年前から実は株式会社プロミスという名前はもうなくなりました。2012年に、それまで戦略的提携という関係だった三井住友フィナンシャルグループの完全小会社に収まる形で株式会社プロミスは「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」という名前になったのです。それで、経営も三井住友銀行のグループ会社となったこともあり、サービス向上に努めています。
三井住友銀行の子会社になることで、信頼性と財務体質が強化され、同銀行のローン契約機が使えるなど、サービス面でも向上が見られます。
ちなみにプロミスという名前に関して、今から新しい名前でキャッシングを売りに出すよりも、最早全国区となって久しい「プロミス」の名前を継続して売った方が断然いいだろうということで、会社名としては消えてしまったもののサービス名として「プロミス」の名前は残されました。海外進出も果たしているサービスですが、やはり海外でも名前は「プロミス」のままのようです。

 

更新履歴