安心・便利にお金を借りるならプロミス

「プロミス」の基本情報について

利用可能な年齢は、20歳〜69歳までの、安定した収入を得ている方です。毎月の収入が安定していれば、パート・アルバイトの方でも利用することができます。

プロミスの特徴

・金利は4.5%〜17.8%(実質年率)他の消費者金融の上限金利の多くが18.0%なのでかなり良心的
30日間無利息(※要メールアドレス登録・Web明細利用の登録、初めて利用される方限定)
・三井住友銀行ATMなら手数料無料!
・融資可能額は1万円〜500万円
・担保・保証人は不要
・収入証明書は原則不要(50万円までの借り入れの場合)
・残高スライド元利定額返済方式で月々の返済額安定
・返済期日は、5日、15日、25日、月末の4つから選択可能
・相談・質問用のフリーダイヤルはもちろん、女性専用のフリーダイヤルも設置
・便利なweb完結選択で、借り入れまですべてwebで行える

プロミスならば、返済日をお給料日などに合わせて選べるので、確実に返済してくことができます。
そしてなんといっても30日間無利息!この期間は初めて融資を受けた翌日から起算し、30日以内に返済すれば利息がかからないというもの。
急にお金が必要になる前にあらかじめプロミスに登録しておいて、必要になったら融資を受け、利息がかからないうちに返済するという使い方も効率的だと思います。

 

家でもプロミスの申込はできる

わざわざ外に行かなくても、プロミスは家でも申込と契約ができます。それが、WEBでの申し込みです。
WEBでの申込は2種類用意されています。「カンタン入力」なら少ない最小限の項目の入力で申込が可能。その後、電話がかかってきて残りの項目に答えたり相談も可能です。そして審査に入ります。最短で30分で審査が完了します。書類もWEBで提出可能。平日14時までに手続きが完了すれば即日振込融資もできます。電話が苦手な人は「フル入力」でWEBで全ての手続きを完了しましょう。
振込の他、プロミスのATMや三井住友銀行などの提携ATMからのキャッシングももちろんできます。

 

店舗情報については、←のメニューからお選びください。

会社名は「プロミス」ではない!

現在の会社名は?

消費者金融最大手の「プロミス」。あまりにもこの名前が有名なので、これが正式名称だと思っている人も少なくないでしょう。ちなみにプロミスは約50年ほどの歴史がある名前で、元々は大阪の小さな金融会社「関西プロミス株式会社」と呼ばれていました(さらに昔は関西金融株式会社)。プロミスの名前を使い始めたのは1960年代のことです。その後紆余曲折を経て1980年から正式にプロミス株式会社に名前を変更。これ以前から全国区の消費者金融ではあったものの、ここから一気に全国区に活動の幅を広げていきました。消費者金融といえば「プロミス」というイメージも徐々に広がっていきます。
さて、数年前から実は株式会社プロミスという名前はもうなくなりました。2012年に、それまで戦略的提携という関係だった三井住友フィナンシャルグループの完全小会社に収まる形で株式会社プロミスは「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」という名前になったのです。それで、経営も三井住友銀行のグループ会社となったこともあり、サービス向上に努めています。
三井住友銀行の子会社になることで、信頼性と財務体質が強化され、同銀行のローン契約機が使えるなど、サービス面でも向上が見られます。
ちなみにプロミスという名前に関して、今から新しい名前でキャッシングを売りに出すよりも、最早全国区となって久しい「プロミス」の名前を継続して売った方が断然いいだろうということで、会社名としては消えてしまったもののサービス名として「プロミス」の名前は残されました。海外進出も果たしているサービスですが、やはり海外でも名前は「プロミス」のままのようです。

 

更新履歴